上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l カテゴリー:スポンサー広告 l top
ではなぜ世の中には「音痴と思いこんでしまう人」と「歌のうまい人」がいるのでしょうか?

よく生まれつきだとか遺伝だとか言って切り捨ててしまう人がいますがそうではないのです。

単に歌のうまい人は「思い込み音痴」の人よりもかなり多くの時間音楽に接しているからなんです。

歌のうまい人は音楽のことが本当に好きな人が多いいです。

いつでもどこでも口ずさんでいたり。

逆に音痴と思いこんでいる人は自分は音痴だとばかりにどんどん自分から歌を遠ざけてしまいます。

結果的にうまく音程が取れなかったり、大きな声が出せなかったりするのです。

もしかしたら以下のような経験がありませんか?

・小さいころから歌にあまり触れることなく育ってきた

・歌が下手だと言われ自信をなくしたことがある

・人前で歌を歌うのが苦手だった


もちろん他にもいろんな原因が考えられます。

重要なのはただ単に「歌を避けてるから自分を音痴だと思ってしまう」ということです。

そう考えるとだんだん音痴は克服できそうな気がしてきませんか?

→じゃあ音楽を聴き続ければ歌はうまくなるの?


スポンサーサイト
l カテゴリー:音痴について l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。